So-net無料ブログ作成

いまさら聞けないFXの基礎「指標ってなんで大事なの?」

「指標ってなんで大事なの?」について学んでみましょう。


スポンサーリンク









Tousika Sengyou

専業投資家FXです。

今回はいまさら聞けないFXシリーズという事で

基礎編という事でお話しをしていきます。

今日の題は「なぜ指標は大事なの?」というお話しです。

僕たちFXトレーダーは指標に振り回されていると

言っても過言ではありません。

指標が出る度に、雇用統計が出る度に

チャートが上がったり下がったりする訳ですね。

そもそもなんで指標で上がったり下がったりするのか

というところを解説して行きます。

まず指標の中で一番大事なのは

雇用の動向なんですね。

今月は雇用が増えたか減ったか

失業率が増えたかな減ったかな

そこが一番大事なんです。

何故かと言うと

それを見て国が金融政策を決定するからなんですね。

金融政策を決定するということは

長期的なトレンドに影響を与えます。

例えば金利を上げるとか下げるとか

その様なことに係わってくるので大事だと。

結果的に短期的に売られたり買われたりするんですね。

なので大事なのは

雇用統計の数字自体が価格を上下させるのではなくて

雇用統計が出たことによって

国の金融政策がこうなるのかな?

ああなるのかな?と投資家が勝手に

予想することで短期的に売られたり買われたり

するということですね。

指標自体に意味があるのではなくて

トレーダー達の予測で価格が動くということでした。

指標がなぜ価格を動かすのか

指標によって国の金融政策がこうなるんじゃないかな?

というトレーダー達が勝手に予測をして

価格が動いていく

というお話しでした。





スポンサーリンク








ネットで宝くじ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。